スリット加工の匠

 スリット加工の匠

スリット加工の匠が揃う受託加工会社だからこそ

検査と精密スリット加工

「最後の仕上げ」

 前工程で手間ひま掛けて作り上げた半製品、
スリット加工で失敗なんか絶対できない、
最後の仕上げで美しい花を咲かせる。

材質や用途に応じた様々なスリット、スリッター方式

 
 

フィルムスリット、スリッター加工  最大幅2600㎜

 
フィルムのクリーンスリッター加工は材質と厚みから最適な条件を見極めてスリット加工方式を決めます。30種類以上のスリット刃から厳選します。スリット方式もフィルムスリット加工用のシャー式や硬度フィルムに最適なギャング式 、その他、レザー式またはスコアー式から最適マッチングを探し出します。洗浄液やタッキングローラーによる表面洗浄を行いながらスリット加工をするのも我々の得意のひとつです。ReadMore
 
 
 

マイクロスリット加工 0.3mmから

 
フィルム、
粘着テープ、金属箔 マイクロスリット加工はMSRのコア技術の一つで40年の歴史。
現在はS工場にておこなっており、材料の厚さは4μから1000μまで。材質は高機能フィルムから粘着シート 金属箔までありとあらゆる材質の実績を持っています。最小幅は0.3mm 小型化には最適のこの技術をお試しください。ReadMore

 

 

 

広幅スリット加工 ~2600mmまで

 
広幅化スリット加工では5つのハードルを越えなければなりません。
まずは300mm→700mm  700mm→1500mm  1600mm→2200mm  2200m→2500mm と大体この4つですが、口では言い表せない重力という壁が技術者を悩ませます。あらゆる材質を2600mmの原反から製品まで加工設計は訓練された技師の腕の見せ所です。ReadMore

 
 
  

金属箔スリット

金属箔、主にアルミ箔や銅箔、ニッケル箔をスリットによるバリ無く匠技で仕上げます。ReadMore

 
 
 
 

粘着フィルムスリット加工
粘着フィルム、テープスリット加工

粘着の強度、高粘度もお任せください。40年以上の実績から高品質をお約束いたします ReadMore 
 
 
 
 

ハーフスリット・カット加工


粘着複層品において離型紙やPETセパのみスリットカットすることは多くありますが我々は粘着層に一切のスリット痕無くハーフスリットカットを行います。お気軽にご相談ください。ReadMore

 
 
 

クリーニングスリット加工


材料表面をクリーニングしながらスリット加工を行います。またスリット後にもクリーナーを搭載することによるスリットカスクリーニングも可能です。
沢山の実績がありますのでお気軽にご相談ください。ReadMore

 
  
 

ヒートスリット・超音波スリット加工


ヒートスリットとは溶断刃で繊維やメッシュの端面を超音波で溶かしながらスリット加工を行います。
 

 
 

粘着テープ 細幅スリット加工

粘着テープは多種多様に応じて数千種類に及ぶ品種ですが当社は創業当時から粘着シートやフィルムを専門にスリット加工を受託することから始まりましたので自信を込めて粘着テープの細幅スリット加工を最高品質で提供出来ます。 最小幅0.3mmから10μ単位で刃組みが可能。ReadMore

 
 
 

オシレーションスリット加工

ゲージバンドを解消するために左右にオシレートしながら行うスリット加工です。オシレートは簡単なようですがフィルムの特製を把握しながらダメージの少ない最適な揺動量を探しだすことが大事です。ReadMore

 
 

 

洗浄スリット加工

洗浄液やタッキングローラーによる表面洗浄を行いながらスリット加工をするのも我々の得意のひとつです。プラズマ表面処理によるドライクリーニングは金属箔においての革新です。ReadMore
 

 

 

トラバース巻き加工

トラバース巻きとは主に長尺を目的とする綾巻きの事で画像のように多軸で一気に巻きあげる技法です。ReadMore
 

 
 

レーザーカット・スリット加工受託

CO2レーザーを操り、リング刃では成しえなかった端面を可能にします。 ReadMore
 
 
  

超音波カット・スリット加工

金属刃物でダメなら先ずは超音波で進めてみますか。ReadMore  
 

無料で味見

フィルムやシートは、はがきサイズで。
粉体は10gから無料でお試し頂けます! 無料の味見で 可、不可を見極める 
  

味見システム

最先端で活躍されている開発者ほど、実際に試験をして、先ずは出来るのか、出来ないのか? 一刻も早く知りたいものです。MSRでは無料で味見をしてもらい複種類の味見システムから最もマッチした条件を探して頂きます。御社の「あっ できた!」をアシストします。

スリット加工の匠

製造現場の方々の思いを詰め込んだ材料の最終工程がスリット加工です。単なる切るだけでは許されません。用途からなる端面品質やクリーン度などクロスコンプリートして最後の仕上げへ挑みます。自分の気持ちを落ち着かせるために、自身で「落ち着け、落ち着けっ」と言い聞かせる程の技が要求される場合もあります。