硝子や樹脂板のラミネート(貼り合わせ加工)

 

ガラス硝子・樹脂板ラミネート(貼り合わせ加工)

Glass board, resin board laminate processing



実は深い技術 ラミネート(貼り合わせ加工)
貼ればいいだけと思いきや、、、、プロペラ、方そりなど様々なカールと呼ばれる
反りを考えながらプロセスを行う必要があります。
 

  

硝子ガラス・板ラミネート(貼り合わせ加工)

ロールラミネートでの経験を生かしてガラス硝子や樹脂板のラミネートを素早く行います。

   シートラミネート(貼り合わせ加工)

 

数量が増えるまではシートもので対応したい!
ロール工程では加工できない 
などの要求に対応したシートラミネーションです。 
新しい考えから開発を加速させることができます
 
巾は超ワイドの2500mm巾まで可能ですのでお気軽に問合せください。
  これまでの実績
硝子ガラス:最薄  0.2mm
樹脂板:最厚    3.0mm
長さ:     2,000mm
  
クリーン度 10000
実測値    3000

 

プラズマ+シートラミネート
(貼り合わせ加工) 

 
プラズマ処理+貼り合わせ
 
 
 

プラズマ処理+シートラミネート(貼り合せ加工)!

ガラスや板モノの材料にもプラズマ表面処理を行います。 
これまでの常識を覆す技術で「できなかったを出来たにします!」
 
巾は超ワイドの1600mm巾まで可能ですのでお気軽に問合せください。
 
 
 

 

ラミネート(貼り合わせ加工)技術いろいろ

 

6層同時ラミネート(貼り合わせ加工)

 

6層同時貼り合わせ
              
最も技術を要するラミネート(貼り合わせ加工)
MSRの中でも最も技術を要するラミネート方法です。6層ラミのマシンを貼合、剥離加工を複合的に操れるだけではなく、材料の特性やロット毎の偏肉など全てを把握出来る最高職人のみ扱う事を許されています。先ずは全ての種類を通常ラミネートでリスク管理、トレース管理などを経て6層同時ラミネートへ接がれます。

  無料で味見

フィルムやシートは、はがきサイズで。
粉体は10gから無料でお試し頂けます! 無料の味見で 可、不可を見極める 
  

味見システム

博士やトップ開発者になればこそ、実際に試験される事を望まれて、出来るのか、出来ないのか? を一刻も早く知りたいものです。MSRでは無料で味見をしてもらい複種類の味見システムから最もマッチした条件を探して御してみると社の「あっ できた!」をアシストします。