カレンダー加工・熱プレス加工 焼成加工(最高500℃)

 

カレンダー加工・熱プレス加工 
焼成加工(最高500℃)

What is important with hot press processing

 
上から下から超高圧でプレス(押します)

絵のように鏡面ロールで熱プレス、高圧プレスで機能向上、 表面に光沢を与えたり、
素材表面の凸凹を抑える フラット加工や逆の転写加工、プレスで密度が上がることで機能の一つですね。変化が現れます。

 

 
 

こんな問題、かかえていませんか。
 
・材料の表面に光沢をつけたいんだけど
・上の逆で何かを転写したいんだけど
・厚みを薄くしたいけど
・ロールtoロールで連続プレスしたいんだけど
・4層を同時に加圧したいんだけど
 
 

 

カレンダー加工、熱プレス 焼成加工

素材特性が向上する、、なんで

 
「この技術、本当に面白い。そんなつもりで作ったわけではないけど、カレンダー高圧プレスすると特性が良くなったよ」。技術の方々の言葉です。

 
 

 
 
 

素材表面の顔が変わる、光沢化します。
鏡面ロールで挟み込む、高圧、高温で素材の顔がかわる。

 
機能特性の向上や素材表面の顔に不満がある場合はカレンダー加工です。
高圧、高温、ロール表面の肌で生みます。凸凹した表面をもう少し抑えたいなどの
フラット加工の調整が出来ます。
 
カレンダー加工は女優と同じ、肌が命です。失礼しました。。
 
 
カレンダー加工の難しさは材料のTGや融点、後工程や目的などをあるゆるポイントを把握することですが、単一プロセスまたは、他の加工技法を組み合わせた複合ソリューション一部として留意しておくことが大事なようです。
 
 
ちょっと表現しにくいのですが無料ですので一度お試しください

 
 
 
 

無償試作依頼

  無料で味見

フィルムやシートは、はがきサイズで。
粉体は10gから無料でお試し頂けます! 無料の味見で 可、不可を見極める 
  

味見システム

博士やトップ開発者になればこそ、実際に試験される事を望まれて、出来るのか、出来ないのか? を一刻も早く知りたいものです。MSRでは無料で味見をしてもらい複種類の味見システムから最もマッチした条件を探して御してみると社の「あっ できた!」をアシストします。
味見依頼