ヘアーラインや粗面加工による機能

 

スキン処理でフィルムと金属箔の
機能性向上

What is important with rough surface processing

表面の一皮めくって

「永久密着」
「離型性能を付与」
 
密着と離型性の二つの機能向上効果
 
スキン処理は表面層を意図的に荒らして粗面に仕上げ、表面積を大きくして密着力を上げる、接触面積を小さくして離型性を上げる、マットにして高級感を出す加工技術
 
 
 
 
 

 
 フィルムや金属箔表面は製造過程でエアーや金属と接触するため内部とはわずかに違う異次元的に硬化した層に仕上がっています。その表面ひと皮をめくり、中身をさらけ出すことで本来の性能の際立たせることの他、粗面効果で表面積が増加して接着力向上につながります。 粗さに変化を持たせることで突起形状を形成し離型性を持たせることも可能です。
 
 
 
そのほかMSRでは凹凸にする加工方法を多種を備えています。
1)Nanoレベル(透明性など外観が重要な用途に使われます)プラズマ処理により目には見えない凹凸加工をつけることができます。
LinkIcon 更にくわしく
 
2)ミクロンレベル粗面ロールによる研磨加工でフィルム表面に大きな凹凸をつけることができます。接着力向上に大きな効果があります。

 実績

材質の多くはポリエステル・フッ素フィルム・アルミ箔・銅箔・導電ゴム等多種様々に対応出来ます。
  
画像の通り ヘアーラインやスクラッチ処理・薄皮めくりと研磨ロールの組み合わせで御社のニーズにお応えします。

表面状態

表面の粗度も画像の通り 調整が可能です。
また深さの調整や部分的なパート処理も可能ですのでお気軽にお問い合わせください。
粗面処理をすることにより密着力は当然のことながら、表面の接触面積が少なくなりますので逆発想として剥離部材としての使い方も是非提案ください。ヒラメキから未来素材へ
更に付加価値をつける LinkIcon


フィルムの表面は酸化物などで薄皮がついた状態になっている場合があります。こういった表面が接着を阻害する要因になることもあります。そういう時のオプションとして表面を薄く削り取って薄皮を剥くように内部素性を露出させる事ができます。

粗面ロール加工による研磨加工でフィルム表面にμ~ミリまで凹凸をつけることができます。突起凸の数から離型性にも応用可能です。

接着力を向上するため増やした凸凹表面積に相手側のフィルムをアンカリングするためには、融点近くまで加熱し、細部まで融着するための強圧力が必要になります。