偏肉・ゲージバンド対策

 

偏肉・ゲージバンド対策

What is important in countering deviation and gauge band
  

偏肉とは

フィルムを製膜する際には全ての材料といって過言でないぐらい「偏肉」という
厚みムラが発生します。その厚みムラが巻かれて積層されると凸凹形状になったりシワ発生の原因ともなります。僕たちの業界ではゲージバンドと呼ばれています。そしてそれらは後工程に大きく影響し、時にはコンバーティングが出来ない事も多く現場の方々の感性と技で調整しています。
 
 
MSRからの3つの提案です 画像をクリックください
アニール加工 アニール加工

アニール加工

アニール処理

 
熱カレンダー加工

熱カレンダー加工

熱カレンダー加工

 
 
オシレーションスリット加工

オシレーションスリット加工

オシレーションスリット加工

(揺動)
 
 

 

ゲージバンド、偏肉を解消!

(アニール加工) 

ゲージバンド解消

ハードな折れ、シワもお任せください

シワの原反も

前工程のトラブル、あきらめないで!

原反に折れ、しわ、波うち、凹、凸など

万が一の失敗!も我々にお任せを。熱膨張率が違う素材を熱を掛けたり貼り合わせたり、厚みがバラついたりすると巻き取る際に折れ、しわ、偏肉によるバンドが発生することが多いと思いますが、我々のアニール処理はこれらに対応しています。徐々に熱入れするのは当然ですが、時には急激に加熱することもあります。瞬間瞬間に変化するモノを見ながら様々な道具で調整していきます。

アニール処理でシワ解消

熱処理後

大きく改善しました!

思ったより苦労しましたが、アニールチームは流石です。その上、各工場から技術メンバーが集まれば何とかなります。
スピード力とメンバーの知恵、知識、実績がものをいいますねぇ

品質の矢野
MSRの品質を守る男 矢野です。

 
MSRには常温では機能が低下する材料など様々なデリケートな素材が持ち込まれます。
新しく独自でシステムを組み入れるなど更なるサービスを追求していきます。
まだまだ未熟部分は沢山ありますが 若い情熱と日々勉強で頑張りますのでご支援お願いします。  
まずは気軽に問合せいただければ幸甚です! ☆お気軽に問合せおねがいしますLinkIcon