立体物まで可能なMSRのプラズマ処理

 立体物をプラズマ処理

What is important with 3D plasma hydrophilic treatment
サイコロサイズからパレットサイズまでクリーンルームで受託致します。

3Dプラズマ

 
 
 
3D(3次元)材料には
ダイレクト ビーム式で行います。
異次元な立体物もお任せください。
 
絵の通り立体物や粉体も、3D的にプラズマジェットで親水化から
密着向上させていきます。
 
 
実績
 
ポリエステルPET
ナイロンNY
ポリプロピレンPP
ジュラコンPOM
アルミ合金
ステンレス


接触角とダイン数(濡れ指数)

 
家庭でよく使われるフライパン  沢山ある種類の中で広く知れ渡ったテフロン処理って聞いたことあるかと思いますが あのフライパンに水を垂らすと水は粒型になりコロコロ転がります。この状態は接触角でいうと非常に高い状態で100°角を超えている状態といえます。この状態で目玉焼きを焼いても卵はフライパンにくっつきませんが何も処理していないフライパンには卵はベッタリくっついて焼かれてしまします。
 
これと同様で 
フィルム材料に 水を落としてベタッとする材料はくっつき(接着)しやすく はじく材料はくっつきにくい(密着悪い)ということがいえます。
 
水と油の分離作用も同様で、材料に油分が付着してるとくっつきにくいです。
 
 
これらの事から接合の世界では接触角を比較することから検討が始まります。 接触角が高いとくっつきにくい、逆に低いとくっつきやすい これ覚えておいてください。(化学や分子結合があるのでこればっかりとは言えませんが。。)もうひとつにダイン数(濡れ指数)というのがあって試薬ペンが市販されています。これはベタッとするほどダイン数と呼ばれる数字があがります。ダイン数に関しては ダイン数が高いほうがくっつきやすいとなります。ダイン数の最大は70ダインでこれ以上は計る事ができません。接触角でいうとだいたい40°ぐらいですのでそれ以上の計測は接触角に頼るしかないのです。原子力顕微鏡などでは分子レベルで表面を確認することが出来ますが非常に高価で我々には購入できませんので試験センターで確認することになります。
 
 

MSRでは多くの機能材フィルム表面を改質して密着強度促進したり、アルミ箔や銅箔の表面に付着している油分をプラズマ表面処理で取り除く事を得意としています。
 

プラズマ処理
 
 
接触角 処理前
純水を使った接触角テストです。
未処理のアルミ箔に純水を点滴すると上段の画像のように、くりんと球状型になります。油と水は弾きあうので当然ですね。
 
接触角 プラズマ処理
 
そしてプラズマ処理すると油分や油膜がプラズマにより飛ばされますので下段画像のように球体の水が完全に横に広がっています。

 
 

小松工場長
プラズマ処理技術の小松です。
 
接着剤や塗材料が基材とくっつかない! くっつくけど密着度があと2歩 という際にはお気軽にご相談ください。
これまで信頼してくれた皆様に支えられて今では200種以上のMSRプラズマで最適な処理を作り上げます。
 
まだまだ未熟部分は沢山ありますが 若い情熱と日々勉強で頑張りますのでご支援お願いします。まずは気軽に問合せいただければ幸甚です! お気軽に問合せおねがいします