剥がし剥離加工

剥がし剥離加工

剥がし貼り合わせ加工

最大2600mm
 

剥離加工

What is required for laminate processing

●自社開発で高精度な剥離ユニットの開発に成功


基材にキャリアPETなどを貼り合わせることで薄いフィルムへ様々な処理が出来るようになったが処理後に不要になるキャリア材を上手く剥がせない・・・というようなお客様の声を多く頂きます。 剥がす際に『破れる』『裂ける』『割れる』などでお困りの方は弊社独自開発の剥離ユニットで気持ちよく剥離してみませんか?
 


●剥離時に発生するジッピングを完全コントロール


密着している材料を剥がすということは必ず剥離時にジッピングが発生します。ジッピングの影響により『横段』が発生することで外観状態が損なわれ製品として取り扱いが出来なくなる。 我々はこのジッピングを限りなく抑えた剥離方法で大切な材料表面をお守りします。
お困りの剥離案件などございましたら是非MSR剥離軍団にお任せくださいませ。

実は深い技術 剥がしながらの貼り合わせラミネート

貼ればいいだけと思いきや、、、、プロペラ、方そりなど様々なカールと呼ばれる
反りを考えながらプロセスを行う必要があります。剥離加工も数多く実績があります。

この剥離加工+ラミネート加工で

素材が持つ機能を更に多機能にするのがラミネートです。6種貼合で機能が倍増するだけでなく、新しいマーケットにアプローチ、想像出来ない改新に出会えるかもです 全てクリーンルーム環境で実施します。 

 
 

 

ラミネート(貼り合せ加工)技術いろいろ

 

6層同時ラミネート(貼り合せ加工)

 

6層同時貼り合わせ
              
最も技術を要するラミネート(貼り合わせ加工)
MSRの中でも最も技術を要するラミネート方法です。6層ラミのマシンを貼合、剥離加工を複合的に操れるだけではなく、材料の特性やロット毎の偏肉など全てを把握出来る最高職人のみ扱う事を許されています。先ずは全ての種類を通常ラミネートでリスク管理、トレース管理などを経て6層同時ラミネートへ接がれます。

常温ラミネート貼り合わせ
常温ラミネート(貼り合わせ加工)

 一般的なラミネート方法です。
片側には粘着材が設置して 粘着力と押圧力にて貼合します。
両面テープを利用すると瞬時に欲しい材料がテープに変身します。
 


 
 

3層ラミネート貼り合わせ
多層ラミネート (貼り合わせ加工)

 最大6層を同時に行うラミネート(貼り合わせ加工)方法です。
どうしても同時に貼りたい理由がある際に使いますが、高い技術を要します。
 
 


 
 

熱ラミネート貼り合わせ
500℃高温ラミネート(貼り合わせ加工)

最大6層を同時に熱で材料表面を溶かしながら行うラミネート(貼り合わせ加工)方法です。どうしても同時に貼りたい理由がある際に使いますが、高い技術を要します。
 熱パワーラミネートを詳しく
 
 

硝子・樹脂板・シートラミネート加工

 
シートラミネート加工

数量が増えるまではシートもので対応したい!
ロール工程では加工できない などの要求に対応したシートラミネーションです。 
新しい考えから開発を加速させることができます
 
巾は超ワイドの2500mm巾まで可能ですのでお気軽に問合せください。
 
 
 

無料で味見

フィルムやシートは、はがきサイズで。
粉体は10gから無料でお試し頂けます! 無料の味見で 可、不可を見極める 
  

味見システム

最先端で活躍されている開発者ほど、実際に試験をして、先ずは出来るのか、出来ないのか? 一刻も早く知りたいものです。MSRでは無料で味見をしてもらい複種類の味見システムから最もマッチした条件を探して頂きます。御社の「あっ できた!」をアシストします。