高温・高圧 サーマル熱ラミネート(貼り合わせ加工)

高温,高圧の貼合せ加工(熱サーマルラミネート)の匠  

 高温・高圧 サーマル熱ラミネート
(貼り合わせ加工)

What you need for High temperature lamination process
最高温度:500℃
最大幅:2500mm
リムービングオプション
最高プレス圧力9.4トン
6層同時ラミ

超高圧力パワープレス・ラミネート(貼り合わせ加工)

 
cmあたり500N(newton)の高圧パワーラミネート(貼り合せ加工)でこれまでの不可能が可能になるケースも多々!そして、旗艦技術の プラズマ処理と組み合わせば強固で環境に配慮した素材通しの貼り合わせをも可能。高温ラミネート加工の最高温度は500℃
 
 
 

超高圧プレス・サーマル熱ラミネート(貼り合わせ加工)の流れ

 

開発スタートは名刺サイズ、A4サイズぐらいの小さいサイズから行い、高可能が見えればロール試験で継続的な条件出しを行います。700mm幅までのプロト、ここからが大事で難しいところ、広幅化です。1700mm広幅スケール化したスーパーラミネーターにて行います。量産広幅化の新しい物語の始まります。
 
 
 

サーマル熱ラミネート(貼り合せ加工)は地球にとても優しい技術です。

 

廃液、廃油など地球汚染物質の発生はゼロです。同時に排出せずに行えるプロセスですので全地球レベルの素晴らしい環境上適正な技術だと断言出来ます。
最高温度500℃ 
カレンダー加工のご相談も お気軽にお問合わせください

こんな問題を解決

 

もっと高温で熱ラミネートしたいんだけど

更に強く加圧すればよくなるんだけど

10層を連続プレス出来れば、コストが合うんだけど

実績 

ETFE、PET、PE、PC,PMMA、耐熱発泡体、アルミ箔、銅箔、不織布

超高圧力パワープレス・ラミネート(貼り合わせ加工)

 
cmあたり500N(newton)の高圧パワーラミネート(貼り合わせ加工)でこれまでの不可能が可能になるケースも多々!そして、僕達の旗艦技術の プラズマ処理と組み合わせば強固で環境に配慮した素材通しの貼り合わせをも可能。高温ラミネート加工の最高温度は500℃
 
 
 

超高圧プレス・サーマル熱ラミネート(貼り合わせ加工)の流れ

 

開発スタートは名刺サイズ、A4サイズぐらいの小さいサイズから行い、高可能が見えればロール試験で継続的な条件出しを行います。700mm幅までのプロト、テストは本社工場で行います。ここからが大事で難しいところ、広幅化です。1700mm広幅化は本社にあるマシンのビッグスケール化したスーパーラミネーターにて行います。量産広幅化の新しい物語の始まります。
 
 
 

サーマル熱ラミネート(貼り合わせ加工)は地球にとても優しい技術です。

 

廃液、廃油など地球汚染物質の発生はゼロです。同時に排出せずに行えるプロセスですので全地球レベルの素晴らしい環境上適正な技術だと断言出来ます。
最高温度500℃ 

更に密着力を上げるには

超高熱 超高圧プレス そして プラズマ
3つの饗宴でこれまでの常識を越える。
 
 
プラズマとの融合で
もう少し密着力を上げたいが、素材の融点に近い温度だし温度を上げるのは難しい...
熱ラミの加工スピードを上げたいが、スピードを上げると熱量が少なくなり密着力が低下するよな...
 
このような問題もプラズマ処理にて素材表面を活性化させ、生成された分子間力と 熱を融合させることで更に密着力をあげることができます。

 

プラズマとの組み合わせで強度が4倍になる実例も
高温,高圧の貼合せ加工(熱サーマルラミネート)  

 MSRの主幹技術と共演

プラズマ表面処理を熱ラミネートにインライン組みが可能です! 
これにより過去に無い最強の密着力が実現できます。
 
ロール→ロールから 
ロール→シート、
シート→ロール、他 想う全ての条件に対応することが可能です。
 

無料で味見

フィルムやシートは、はがきサイズで。
粉体は10gから無料でお試し頂けます! 無料の味見で 可、不可を見極める 
  

味見システム

最先端で活躍されている開発者ほど、実際に試験をして、先ずは出来るのか、出来ないのか? 一刻も早く知りたいものです。MSRでは無料で味見をしてもらい複種類の味見システムから最もマッチした条件を探して頂きます。御社の「あっ できた!」をアシストします。


 6層同時ラミネート(貼り合わせ加工)

 

6層同時貼り合わせ
              

最も技術を要するラミネート(貼り合わせ加工)

MSRの中でも最も技術を要するラミネート方法です。 6層ラミのマシンを貼合、剥離加工を複合的に操れるだけではなく、材料の特性やロット毎の偏肉など全てを把握出来る最高職人のみ扱う事を許されています。先ずは全ての種類を通常ラミネートでリスク管理、トレース管理などを経て6層同時ラミネートへ接がれます。
 

最短工程をプランニング

お客様から頂くご依頼の中には多くの工程に分けられていることも有りますが、実際は1工程で完結する内容のものも少なく有りません。 工程が増えるということは、その分 キズや異物混入のリスクがどうしても高くなってしまいます。MSRでは、例えばプラズマ処理を行い→処理面をラミネート→反対面の保護フィルムを剥離し→ご指定の幅へスリットといった多工程の内容でも 1工程で仕上げる事が可能です。
 
 

最速と安全 我々のポリシー

Maximum  Speed  Resolution”という社名に相応しく在る為、常に“最速”を意識し、日々の検証やマシン改造もその時その時の“最速”を目指し行っています。お客様から頂く加工のご依頼にしても、加工時間=加工費用ということも考え 最速のプランをご用意しております。また『これはさすがに無理だろう・・・』といった 超短納期でも一度ご相談ください。お客様からの無理難題も安全に“最速”でお応えいたします。

 間欠ラミネート 部分ラミネート ステップラミネート

 
 
間欠貼り合わせ

 
 
必要な部分だけ貼り合わせる
必要な長さで止める  
 
こんな加工ができればという要望にお応えします。
 
加工方法を変えることでこれまでにない効率改善が可能になります。