TOP   技術紹介  会社情報  CSR   設備紹介   NEWS   問い合せ  



意外に知らないビジネスマナー

  編集長 稲岡

皆様、お疲れ様です。

久しぶりに【意外と知らないビジネスマナー】をお送りします。


今回は、「取り急ぎ○○まで」という言葉です。


メールの締めくくりなどで、よく見かけます。

私自身も使ったことはある言葉ですが、
メールを送った後に、
「この言葉は、お客様に使ってもよい言葉なのかな?」と
疑問に思ったことが何度かあります。


よく調査してみると、
「取り急ぎ○○まで」という言葉は、
ビジネスパーソンは、けっこう使う言葉のようです。

しかしながら、
この言葉は、失礼と感じる人もいれば、便利な言葉と感じる人もいて、
人によって、とらえ方が異なる言葉です。


「取り急ぎ」は、文字通り、急いでいる場合に使用する言葉であり、
広辞苑には、「もろもろの儀礼・説明を省略して、用件だけを伝える意」とあります。

つまり、相手に対する敬意がないと受け止められる可能性を含んでいます。


しかしながら、状況によっては、逆に安心感を与える場合もあります。

例えば、至急返信する場合、
相手が返信を待っているならば、「取り急ぎ」として返信すれば、
相手を待たせることなく、安心させる効果もあります。



つまり、「取り急ぎ」は、良い場合と悪い場合があるわけで、
使い分けが必要になるわけですが、
色々なお客様にメールを送る中で、いちいち使い分けるのは難しいし、
全員がそれを実行するのは、困難だと思います。


従って、「取り急ぎ、○○まで」という言葉を、
好感度の高い言葉に、変更して、お送りするようにした方が良いですね!

________________________________________

①取り急ぎ、御報告までにて、失礼致します。

②まずは、確認のみの連絡になります。宜しくお願いします。

③まずは、お礼を伝えたくて、メールにて失礼します。

④簡単ではありますが、急ぎ御報告させて頂きます。

________________________________________

ちょっとしたことですが、
お客様に与える印象が変わってくると思います。


みなさんのメールの1つ1つが大切な「営業」だと思います。

だからこそ、1つ1つのメールを大切にしたい。

ちょっとしたことを気遣う気持ちが、きっとお客さんにも届くと思います。

みんなで、取り組んでいきましょう!



まずは、皆にマナー標準を伝えたくて、メールにて失礼します^^


稲岡

【了解】と【承知】の違いって???

  • どちらとも、”分かりました!”という意味で使う言葉ですが、
  • 微妙にニュアンスが違います。
  • 【了解】という言葉には、相手を敬う気持ちが含まれていません。
  • 【承知】という言葉には、うけたまわる、謹んで受けるという意味があり、相手を敬う気持ちが含まれています。
  • つまり、お客様に対しては、【承知】を使う方がベターです。
  • 実は、僕は、ずっと【了解】を使っていました(苦笑)
  • ちょっとしたことですが、お客様に与える印象が変わるかもしれないので、
  • 以後、【承知】に変更しました。
  • 面と向かって話す場合は、お互いの顔が見えているし、相手の反応も分かるし、多少の言葉遣いは、気にならないかもしれませんが、
  • メールの場合は、顔が見えないし、雰囲気も伝わりにくいので、最低限のマナーは知っておいた方がいいかもしれません☆

【様】と【殿】の違いって???

  • どちらとも、相手に対する敬称として使用される言葉ではありますが、
  • 微妙にニュアンスは違うようです。大きく分けると、
  • 名前には「様」を使用して、役職には「殿」を使用するようです。
  • 文書などでは、「様」が一般的であり、 目上の方であっても、目下の方であっても、どのような相手にも使用できます。
  • いわゆるオールマイティってやつです。
  • 「殿」を使用する場合は、目下の方や同期の方、それも親しい間柄に限られるようです。
  • 感覚としては「○○君」と呼ぶような感じとのこと。
  • 例えば、上司から部下への指示などには、「殿」を使ったりするようです。
  • 公共機関(市役所)などでも、「殿」を使うことをやめて、全て「様」に統一することにした例もあります。
  • お客様に対しては、基本的に「様」しか使わないと思いますので、大丈夫だと思いますが、「様」と「殿」には微妙な違いがあることは知っておいて、損はないと思います☆

【御苦労さま】と【お疲れ様】

  • この使い分けに関しては、とても有名なので、
  • おそらく多くの方が知っているとは思いますが、
  • 色々と調べてみると、
  • 世間一般的には、けっこう知らない人はたくさんいるようです。
  • 特に若い人になればなるほど、
  • このあたりのことは知らないことがあるようです。
  • 簡単に分けると、
  • 【御苦労さま】・・・・一般に目上に人には用いない、目下の人に対して。
  • 【お疲れさま】・・・・一般に目上の人には用いない。
  • あれっ???
  • どっちも一緒じゃん!となってしまいました。
  • どっちも、目上の人やお客様には使えないの???
  • 色々と調べてみたことを総合すると、
  • 【お疲れさま】と単独で使うのではなくて、
  • 【お疲れ様です】 【お疲れさまでした】ということによって、目上の人に使うことが出来ます。
  • 【御苦労さま】に関しては、【御苦労さまでした】と言っても、
  • 目上の人に使うのは好ましくないとのこと。
  • 【お疲れ様です】【お疲れ様でした】
  • 一般的には、これが、好ましい表現のようです。
  • MSRのメールのルールとしては、
  • 【お疲れ様です】になっていますので、問題はないと思いますが、
  • 知っておいて損はないですね☆