迷い巻き、オシレーションスリット加工(揺動)

What is important with oscillation winding process

 

迷い巻き、オシレーションスリット加工(揺動)

What is important with oscillation winding process
 

経時変化が起すゲージバンドもoscillation。これで解決します。

 

迷い巻き、オシレーションスリット加工(揺動) 
ハードなバンドもオシレーション(oscillation)スリット加工で軽減できます

 
 
 

オシレーション(oscillation)スリット加工とは。
迷い巻きとも言います。

 

 

羽毛キズがつかない特殊な揺動oscillation

特殊な揺動oscillationカーブを形成しながらスリット加工を行うことで、ハードバンドを固定位置から薄める事が出来ます。迷い巻きでハイエッジも吸収。
■注意点としてカーブ(揺動)オシレーティングが強すぎたり弱すぎたりするとスリット加工端面が毛羽立ったりフィルム折れが発生したりします。MSRではこれまでの実践から材質に合った揺動オシレーティングカーブを提供して開発支援します。


羽毛キズはどうしてはいるのか

材料表面は肉眼では検知しにくい突起や厚みムラ変形が存在します。
フィルムやシートを巻きとる際には必ず表裏で接触します(縦接触やMD方向接触と称しますひとまず)。
材料がロールに接触するだけでも実はナノレベルでキズがついているというか変化しているといっても過言ではないかもしれません。
その縦接触の更に横にオシレーションするわけですから接触としては当然増加します。
迷い巻きでハイエッジも吸収。
素材に応じたサインカーブとスピード、そしてロールへの接触関数とこれまでのデータからパスラインやサインカーブが設計が要求されます。
 
カーブ間隔、移動量、スピード他、8つのパラメータを自在に調整しながら御社のベストを導きます。


 
 
素材 からゲージバンドを 本気で消したい なら アニール処理 LinkIcon
 
 

 
 
 
 

  

無料味見システム

フィルムシートは、はがきサイズ
粉体は10gから  
無料でお試し頂けます!味見システムで 可、不可を最速に見極める
 
 
 

味見システム

博士やトップ開発者になればこそ、実際に試験される事を望まれます。
出来るのか、出来ないのか? 直ぐにお応えさせて頂きます。それが味見システムです。勿論無料です。
複種類の味見システムから最もマッチした条件を探して御社の「あっ できた!」をアシストします。