VOC対策
新方式プラズマ ロブス

 

VOC対策
メチルメルカプタン脱臭
ウィルスと戦う

 

ロブス式 プラズマ

VOC対策の新方式    ロブス式プラズマは画期的
VOC対策の新方式  
ロブス式プラズマ
プラズマで原子まで分解するから、この通り 微々たるCO2とH2Oに変換されるだけ
 
  
プラズマで原子まで
分解 するから、 この通り 
微々たるCO2とH2O
変換されるだけ
 
  

VOC対策の新方式   ロブス式プラズマは画期的
 
 
 
脱臭で悩んでいませんか?
 
  *畜産臭、発酵臭、腐敗臭など悪臭で困っている
  *VOC(揮発性有機ガス)を無害化したい
  *今の装置のランニングコストを削減をしたい
  *小スペース、低価格で脱臭装置を設置したい。
 
代表的な脱臭対策と言えば
  *燃焼法
   臭気成分を高温処理して酸化分解する方法で、直接・蓄熱式、
   触媒燃焼法などがある。
   ほとんどの臭気成分に適用でき、高濃度の臭気に対応できる
   低濃度・大風量の場合は、建設費・維持費がかかる

  *吸着法
   活性炭内に臭気を吸着させて脱臭する方法。活性炭の形状は粒状、
   破砕状・繊維状・ハニカム状など多岐にわたり、ほとんどの臭気成分を
   脱臭・消臭でき使い勝手に優れている。
   高濃度の臭気には適していない。定期的に交換が必要。

  *換気・希釈法
   あらゆる臭気に対応できる。発生臭気が微量もしくは低濃度のケースにかぎる
   悪臭防止法・大気汚染防止法ならびに各自治体条例などの法規規制を満たし、
   かつ近隣住民などから苦情がでない場合にかぎる

  *オゾン脱臭法
   省スペースでコンパクト
   低濃度から高濃度まで設定条件にしたがって安定した能力で脱臭できる
   低濃度であれば問題はないが、オゾンは吸引すると人体に有害であるため、
   装置の設計には注意が必要などがあります。
   従来の脱臭法で満足されていない企業の方にプラズマ脱臭法がお手伝いできます。

  *プラズマ脱臭法
   安定した能力で脱臭できる。
   高電界下で活性分子、ラジカル、オゾンを発生させ、その酸化能力により、
   臭気を分解させる。
   運転操作が簡単である。薬品等を使用せず、廃棄物も出ないので環境負荷が
   小さい。 放電の消費電力も小さく、適用できる濃度範囲が広い。
 
 
 

VOC対策の新方式   
ロブス式プラズマは画期的
 
脱臭で悩んでいませんか?
 
*畜産臭、発酵臭、腐敗臭など
悪臭で困っている

*VOC(揮発性有機ガス)を
無害化したい
 
*今の装置のランニングコスト
を削減をしたい

*小スペース、低価格で脱臭装置
を設置したい。
 
 
 
代表的な脱臭対策と言えば
 
*燃焼法
臭気成分を高温処理して酸化分解する方法で、直接・蓄熱式、触媒燃焼法などがある。ほとんどの臭気成分に適用でき、高濃度の臭気に対応できる低濃度・大風量の場合は、建設費・維持費がかかる。

*吸着法
活性炭内に臭気を吸着させて脱臭する方法。活性炭の形状は粒状、破砕状・繊維状・ハニカム状など多岐にわたり、ほとんどの臭気成分を脱臭・消臭でき使い勝手に優れている。高濃度の臭気には適していない。定期的に交換が必要。
 
*換気・希釈法
あらゆる臭気に対応できる。発生臭気が微量もしくは低濃度のケースにかぎる悪臭防止法・大気汚染防止法ならびに各自治体条例などの法規規制を満たし、かつ近隣住民などから苦情がでない場合にかぎる
 
*オゾン脱臭法
省スペースでコンパクト低濃度から高濃度まで設定条件にしたがって安定した能力で脱臭できる低濃度であれば問題はないが、オゾンは吸引すると人体に有害であるため、装置の設計には注意が必要などがあります。従来の脱臭法で満足されていない企業の方にプラズマ脱臭法がお手伝いできます。
 
*プラズマ脱臭法
安定した能力で脱臭できる。高電界下で活性分子、ラジカル、オゾンを発生させ、その酸化能力により、臭気を分解させる。運転操作が簡単である。薬品等を使用せず、廃棄物も出ないので環境負荷が小さい。放電の消費電力も小さく、適用できる濃度範囲が広い。

 
 

空気中に含まれる有害・不快な分子を
“励起"する 事により強力分解除去。
菌、ウイルスと戦う「ROBS」
 
プラズマ除菌・脱臭機「ROBS」が
提供できるのは、安心・安全な空気です。
菌やウィルス、悪臭、揮発性有毒ガスなどで汚染されている環境
汚染されるかもしれない環境で作業されている方を守る為、
安心・安全な空気を提供する事を目的として開発されました。
 
 

ロブスの構造

Structure of Robs
 
 

メチルメルカプタン(メタンチオール)のプラズマ分解について。

 1.プラズマとは

プラズマとは、シンプルな物理的原理に基づく技術です。物質に熱や電気、光などエネルギーを与えると固体が液体に液体が気体へと変化します。
 気体にエネルギーを与えると気体が原子核と電子にバラバラになり、この状態をプラズマ状態と呼びます、実際には電子、イオン、ラジカルが混在しています。このラジカルは不対電子を持ち、強い酸化力を持っており周りにあるあらゆるガスを分解・脱臭します。
 

2.分解できないガス
分解できないガスは、強い結合力を持つフッ素が結合しているガスと、毒ガスをつくる可能性がある塩素化合物、ブロム化合物は分解できません、またチッソ化合物はNOxを発生させ環境に悪影響を与える可能性があり、このようなガスも分解できません。

 

3.分解できるガス
吸気中には、窒素78%酸素21%その他アルゴン、二酸化炭素、ネオンなどが1%あり、そのほかに水蒸気としてH2O(水)が混ざっています。水は酸素原子1個に水素原子が2個付いたものであり、酸素原子と水素原子の結合は一重結合です。
酸素分子は酸素原子が2個結合したもので2重結合です。窒素は窒素原子が2個で3重結合しております。分子間の結合は1重より2重、2重より3重と強く結合しており、フリーラジカルでの分解は結合が多くなるほど難しくなります。

 

4.メチルメルカプタンの分解
メチルメルカプタン(メタンチオール)はチオール基(SH)を持った有機化合物で、
C(炭素)の周りに3個の水素と1個のチオール基がついており、すべて1重結合で
出来ています。
この結合は強いものでなく、ラジカルで簡単に分離されます

メルカプタンはCH3OH+SO2に酸化分解され、最終的にCO2+H2O+Sに分解されます。
この時点で悪臭はなくなります。

 
 
 
ロブスは用途、容量に合わせて
自在に設計可能。
お気軽にお申しつけください