レーザースリット加工で樹脂やフィルム、箔などの新しいあり得ない端面を可能に。

TOP   技術紹介  会社情報  CSR   設備紹介   NEWS   問い合せ  



レーザースリット加工



リング刃の限界はレーザーに任せろ!

レーザースリット加工が加工端面の扉を開ける



レーザースリット加工によるスリット端面の解決



MSRでは100種を超える刃の選定で、ありとあやゆる樹脂や金属箔を加工していますが、耐熱を有するフィルムなどでは
マイクロクラックと言われる殆ど見えない割れが端面に発生します。そんな時はレーザーの出番です。
研究所内にある試作機で開発方々の要望にお応えいたします。




・レーザーの種類


 → CO2レーザー

・Duty30%時の出力(W)


 → 40W

・発信機の最大出力(W)


 → 75W

・レーザー照射のスポット径


 → 0.15mm

実績


・PI(ポリイミド)
・PC(ポリカーボネード)
・ITOPET
・PMMA(アクリル)
・LCP(液晶ポリマー)
・PA(ポリアミ・ナイロン)




・PET(ポリエステル)
・ハードコートフィルム
・フッ素フィルム
・COP
・COC

・不織布
・メッシュシート





「無料味見システム

   フィルムシートは、はがきサイズ
   粉体は10gから  無料でお試し頂けます!味見システムで 可、不可を最速に見極める


味見システム

博士やトップ開発者になればこそ、実際に試験される事を望まれます。
出来るのか、出来ないのか?  直ぐにお応えさせて頂きます。それが味見システムです。勿論無料です。
複種類の味見システムから最もマッチした条件を探して御社の「あっ できた!」をアシストします。