炭素繊維、CFRP、プリプレグのスリット加工をクリーンルームにて

TOP   技術紹介  会社情報  CSR   設備紹介   NEWS   問い合せ  



炭素繊維、CFRPのスリット加工



マイクロスコープ無しでは困難な加工技術

 炭素繊維、CFRP、プリプレグ材料のスリット加工技術紹介


 マイクロスリット加工の最小は0.3mm
 炭素繊維、CFRP何よりも大事なのは端面の品質と
 材質 特に複合材料はそれぞれの特性を加味して
 スリット加工するので熟練実績が必要になります。
 デシテックスを把握したマイクロスコープで確認
 してこその仕事となります。

    単に細くするだけでは製品とは言えません。
    崩れないように両端面を板でおさえます。
    後のハンドリングや輸送上のトラブルも
    これで解消します。 沢山の種類のリールに対応。

    素材の特性と後工程にあわせてリールを
    選定いたします。
    内径は12.5mmから対応できます。
    御社に合ったリールも開発します




横に切ることをカット、
      縦に切ることをスリットといいます。

スリットスカートもその一つですね。

我々はありとあらゆる材料をスリットして巻く技術集団。
炭素繊維、CFRP材料など縦切りすることをスリットと言いますが、主に2種類あります。

一つ目はシャースリット。またはシェアスリット方式といいます。

なんでシャーなのかというと英語のShear、日本語でせん断から来ています。

主にスリットは下刃と呼ばれる受けと上刃と呼ばれる挿入する刃でクロスしてスリットしていきます。


画像





正面から見るとこんな感じです



そして二つ目がギャングスリット方式

ギャングスリット方式は簡単にいうとパスタを切るシュレッターです。
刃の幅が製品の幅になります。

材質に合わせて刃と刃の当たり具合を調整する必要があり、職人技が必要です。

ギャングスリットのイメージ図



ギャングスリットシャースリット

超美端面を作り出すには、前項でも述べましたように まず材料の質を見極めることから始まります。

単体?複合体?その構成は?厚みのシェア率は?滑りやすいの?割れやすいの?など 様々な観点から技術者は頭の中とこれまでの実績でベストを組み立てます。 
それらの組み立てからスリット方式を変えるのはよくあることですが、先日ギャングスリットの端面で問い合わせがあったので画像を掲載しておきます。
なんでギャングなの?とよく聞かれますが俗語造語でもともとは集合体からきています。 隙間なく刃物を組み合わさった集合体→ギャングにしようっか と昔の先輩方がつけられたのでしょう^^。 
シャースリット方式とは違って両端面が同じ条件でせん断されますので図のとおり両側の端面の品質が同じです。 ウェイビングやバリ 波打ち 
カエリ だれ 湾曲なども設定次第で軽減されます。  セットするのが超大変なのですが・・・




スリットサイエンス!

美しい製品の端面を極めることに全神経生命を賭けるといっても過言では無いかもしれません
それがMSR-S・FACTORY。
積層粘着フィルムに関しては ウージング ウェイビング ピーリングが、そして
金属箔においてはバリ 波打ち カエリ だれ 湾曲など注意重視されます。 
弾性率 積層構成 厚み 伸縮性など用途に応じて様々な材料が連日開発されます。
ベストな切り方はこうです! など一概に答えはなく

それぞれを多次元でコントロールすることで お客様の要求を全てをクリアに出来る最高品質が生まれます。

5,000種以上! これはMSRのこれまでの実績です。

製品を保持するリールも成型品から削り出し品まで御社オリジナルをサポートいたしますしお気軽にお問い合わせください。





単体と複合材料はどちらが難しい と言えば、概括的に言えば 複合材料になります。
何故ならば、図のように層が増えるほどそれぞれの材料自体を把握し、それに対しての
加工設計が必要となるからです。











梱包も製品の顔

デシテックス

 とても便利なリール 見つけました!↓

現在社会にマッチして新しいマイクロスリット加工に
欠かせないリールです。
安価 ・ リユースとリサイクルが可能。
2つに分離出来るのでスタッキングも容易。
海外輸送やワンウェイにも活躍しそうです




  耐熱性 通気性 耐久性を兼ね備えた金属リールです。
  自社製作ですので通常より安価! どんなサイズどんな形状でも可
  しかも1個からでもご要望にお応えします




マイクロスリット加工技術の杉山です。

まだまだ自問自答を繰り返しながら
何とか前進という感じですが丸丸丸
若い情熱と探求力で実力をつけて皆様
のお役にたてるように尽力します。
お気軽にお問合せください。


☆問合せは杉山までありがとうございますLinkIcon