MSR株式会社の会社概要、使命を社名に込めた想い。

使命を社名に込めた想い.bmp

    存在と使命を社名に込めた想い

会社概要

会社名
MSR株式会社,      MSR Inc.
代表取締役
北田博樹 HIROKI KITADA
本社所在地
580-0032 大阪府松原市天美東7-1-14map.bmp
7-1-14 amamihigashi Matsubara city OSAKA JAPAN
・・TEL
072-336-5900
・・FAX
072-335-3038
第2工場
580-0042 大阪府松原市松ヶ丘3-4-12map.bmp
・・TEL
072-349-1777
・・FAX
072-349-1771
第3工場
580-0032 大阪府松原市 天美東2-138-1map.bmp
湘南Labo
254-0018 神奈川県平塚市東真土map.bmp
Calofornia Branch
1604 Grismer Ave Burbank CA91504 USA



中国上海
TEL 86-0512-5310-3245
FAX 86-0512-5310-3246
中国香港
中山岩谷有限公司スリット事業部(技術提携工場)map.bmp
広東省中山市
TEL 86-0760-650-3450
FAX 86-0760-550-3406
資本金
2000万円 海外別資本
営業地域
全国対応
営業日
日・祝・第2土曜日以外
事業内容
近年、航空ではボーイング787の主翼に採用された炭素繊維強化プラスチックやハイブリッドカーの高性能モーター、蓄電、そしてスマートフォンで業界を一新したApple社やSONY社の端末などは日本製の「薄く小さく高機能」が軸となっています。中でもディスプレイなどに使われる薄い沢山の機能があるフィルムやシート、そして複合金属箔は更に多目的機能性が求められており、それらの技術は今や建材や医療関係にも波及しています。
我々は独自のプラズマ処理装置で世界トップクラスの表面改質を行い、マイクロスリット加工・超広幅スリット加工・超高温熱ラミネート加工・広幅打ち抜き加工・金属箔スリット加工などを複合機能的に組合わせて日本の技術開発者の開発サプリメントとしてサポートする企業です。
存在と使命
日本から技術をとれば何が残る?!
益々国際化する中で日本の極芯の強みである技術力が危ぶまれています。日本の将来は技術開発の方々の肩に掛かっていると言っても過言では無いかも知れません。日本の技術→世界一の技術という信念と希望をもってこれからも技術開発の方々の進化を最速解決できるように力を尽くす事。 これを我々の存在価値と永遠の使命となるよう願いを込めて       Maximum Speed Resolution 社名にしました。
フィルム・金属箔の世界一の加工メーカーとこれからも言い続けたいですし、言い伝えていきたいです。


北田慎二専務取締役-1.jpg
北田慎二専務取締役

北田博樹代表取締役.jpg
北田博樹 代表取締役
MSR宣言書.bmp

MSRのATOM.png



新しいきっかけはMSRから-Final.png

SANY0001.jpg
技術紹介へ

頑張れニッポン
日本の技術開発を加速させる!
をコンセプトに尽力します。 
開発サプリメントMSR
READ-MORE.png


一番は人間力    
MSRの経営基念のATOMは 
・Accept (素直に) 
・Think plus (プラス発想で)
・One step (小さく一歩)
・Motive (楽しみながら)



Why-MSR.png


経営と企業は人なり!よく聞く素晴らしい言葉です。
人こそが経営。
そう、「経営とは人作りだ」という信念を経営理念としています。

経営理念 
ATOM



沿革

1990年
経営に北田和平、技術に梅本治美を師として北田博樹が建材と粘着フィルムを主としたスリット工場を法人開設
1992年
景気後退の中、初のクリーンルーム棟を建設
広幅1,600mmの高性能スリッター導入してフィルム包装業界へ参入し品質管理と短納期を強みに食品分野を開拓
1995年
シートカッターマシン1号(現N-6)を導入しフィルムを始め金属箔等のシートカット断裁事業を開始
1997年
現在の専務にあたる北田慎二が入社
1998年
マイクロスリッター1号機を設備
2000年
医療用クリーンルームを設備
2001年
メディカルクリーン部を発足。ガンマー照射など協力工場と提携して菌管理されたオリジナル製袋生産を始める
マシナリー事業部を発足させ自社製マシンの製作に着手
2003年
コア技術の1つであったマイクロスリッ加工トを事業部として発足
2004年
大阪府経営革新支援承認企業に選ばれる
会社名を現在の MSR株式会社 に変更
超広幅光学フィルム工場を開業(第2工場)
次世代液晶8G対応 2500mmスリッターを設計設備
第2工場をハイクリーン工場に追加建設
2005年
岩谷産業㈱と合弁にて中国 上海エリアサポートを目的とした蘇州ISR有限公司を開業
社内カンパニー制をスタートさせ全5カンパニーが誕生
2006年
プラズマ表面改質マシン1400mm幅を設計設備してプラズマ部を発足
2007年
岩谷産業㈱の保有する 中国華南中山岩谷有限公司にてクリーンスリット事業を開業(業務提携)
2008年
2500mm幅プラズマ表面処理装置を設計設備
2009年
物流事業を開始(堺・和歌山・奈良に最適な流通倉庫管理)
2010年
2011年
プラズマ表面処理技術革新 JBRプラズマが誕生
JBRプラズマによりこれまでにあり得ない高い処理力と安価な対応が可能に。
プラズマ処理が地球にやさしい技術として注目される
2012年
100年コンセプトを設定「地球にやさしいMSR」
日本初のソーラーテント倉庫を試験建築
2013年
大阪Laboにてアニール処理の実験を受託開始
塗工装置、電池実験が可能な実験装置を大阪Laboに設備
2014年
湘南平塚に製造可能な研究拠点として湘南ラボを開業
2015年
レーザー加工機を導入
湘南ラボに400℃超高圧熱ラミネーターを設備
2016年
第3工場開業予定






お取引に際して


・私どもは加工賃を主体とした加工業ですので、決済に関しては行政の指導もあり全て現金でお願いしています。
・提出させて頂いている御見積書の価格に関しても同条件で算出しております。 何卒お理解の程お願い申し上げます。
・万が一、手形など売掛債権が発生する場合は弊社で金利負担をする必要があり改めてお見積りさせて頂きます。

大変恐縮な事は十分理解しておりますが何卒よろしくお願い申し上げます。



熱い仲間募集します

MSRの厳選技術と超ステキな仲間と共にイケてるビジネスライフ


仕事内容
フィルムや金属箔の最先端技術開発支援サービス
勤務地
大阪本社工場
第2工場
東京営業所
中国 上海地域工場
中国 香港地域工場
応募資格
30歳まで 学歴不問
就業時間
8時~17時
休日
日祝・GW・お盆・年末年始
待遇期間
試用期間あり 社会保険(試用期間終了後)
給与(月給) 基本固定給+残業手当+年3回利益報酬
(試用期間は時間給)
応募方法
随時 人事担当の奈良木(ならき)まで連絡相談
TEL 072-336-5900

MSRの取組TOP.bmp




DNA.png